RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
REIT―不動産投資信託の実務
REIT―不動産投資信託の実務 (JUGEMレビュー »)
ジョン・A. マラニー, John A. Mullaney, 民間都市開発推進機構REIT研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

医療法人財団夕張希望の杜発 社光の窓から何が見える

夕張市社光6番地に位置する医療法人財団夕張希望の杜 夕張医療センター (旧夕張市立総合病院) 事務部
<< AEDを贈呈していただけることになりました! | main | まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生 >>
【急募】スタッフを公募中です
0
    事務局長の佐藤です。
    「雪かき」、監督官庁、お取引先等との交渉に追われる日々が続いています、おかげさまで医療法人財団夕張希望の杜(以下、希望の杜)の運営も何とか厳しいながら少しづつ先が見えてきた感があります。
    外を見ると「大雪」ですが、目の前の山の木々も芽吹きの準備をしていることでしょう、春の来ない冬はないのだと自分に言い聞かせる日々です。
    さて、皆さんにお願いです。
    希望の杜は人財を求めています。
    読者の方は勿論、周辺の方にもお声掛けをいただければと思います。
    ぜひ、前向きにご協力ください。
    【背景】
    ―藉の計画で状況をみながら増員してゆくことを財政上の理由から選択せざるを得ず、慢性的な人財不足の中で運営してきましたが、今般やっと増員に踏み切れるだけの実績がついてきた
    △ねてより計画の在宅への取り組みを強化している
    一般的に言えば「業務拡大、あるいは業績伸長のため。」といった所です。
    【公募職種】
    ^綮姚看護師4埜扈手ね学療法士ズ邏販屠〇劉Σ雜酳〇禹痢粉泙爛悒襯僉2級以上)Д吋▲泪諭璽献磧辞老健支援相談員
    【採用条件等】
    希望の杜の規定に順じ、可能な限り個別のご事情、ご希望に配慮してまいります。
    【希望の杜が求める条件】
    ー律的な姿勢で業務に取り組める方
    患者さん、利用者さん、地域住民にとって良いと判断したことを自らの業務の中で行って行ける方(勿論、業務外での地域貢献もしていただければ、さらに望ましいと思います。)
    それぞれの職域で相当の経験のある方(新卒者、職務経験の浅い方もお問い合わせください。)。
    【希望の杜で得られること、メリット】
    未だ多くの職域において、「立ち上げ期」に近い状況です。労は多いものの、専門職として「立ち上げ」に主体的に係わるチャンスは案外少ないものです。
    本人のキャリア形成にも役立つものと確信します。
    また、自然に恵まれた環境の中、きわめて風通しの良い(良すぎる?)企業風土です、ありがちな「上司への過剰な気遣い」、「同僚間での駆け引き」、「根回し」等々に無駄な時間と労力を用いる必要は一切ありません。先に述べましたとおり、単純に患者さん、利用者さん、地域住民を見て個々の職業倫理に基づいて行動する極めてシンプルなワークスタイルです。

    組織(専門職能)横断的な取り組みは、緒についたばかりですが、各部門の担当課(科)長級の方に、権限を委譲、意思決定のスピードを上げると共に、ここで働く人々の自己実現を法人として支援しています。
    【その他】
    希望の杜は、多様な雇用の在り方を模索してゆきます。極端なケースでは、3か月を単位とした短期の契約や、地域特性に配慮し、週何日間だけ勤務するといった契約もOKです。
    少しでもご興味のある方は、希望の杜宛てにお問い合わせください。→j-tomoki.s@kibounomori.jp ,電話:0123-52-4339(担当:佐藤、越中)
    見学、研修等のご相談にも応じますので、お問い合わせください。 
    (小規模ながら、見学、研修者を受け入れる宿泊施設もございます。)

    開設して11カ月、混乱の中での運営から、本当に「夕張モデル」を構築してゆく第2フェーズに入ってきました。
    皆さんのお力を是非お貸しください。

    | 夕張医療センター事務部 | 10:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://kibounomori.locumtenens.jp/trackback/695378